更新情報

ゲームに関するお知らせ。

【お知らせ】

4月30日(火)の定期メンテナンス作業に関しまして

2019/04/26 21:40

ゴエティア運営チームです。

ゴエティアでは2019年4月30日(火)13:00~17:00に定期メンテナンス作業を行います。

メンテナンス作業後に反映される変更点、追加点等ご連絡差し上げます。
※以下の項目は全て予定となり、予告なく変更される場合があることをご了承ください。

メンテナンス作業時間

2019年4月30日(火)13:00~17:00


追加項目

最大100連!?ルーレット召喚の開催!
年始にご好評をいただいた「ルーレット召喚」がパワーアップして再登場!
毎日最大100連?召喚のチャンスです!ゴールデンウィークの運試しをお楽しみに!!

ストーリーイベント「闇に眠るは金の秘宝」の開催!
突如現れた強い力を感じる塔界。
塔界に財宝の気配を感じた魔神たちは、塔界の探索を申し出るが……?

洞窟に眠る秘宝を巡ったストーリーイベントが開催されます。
イベント専用エリアの開放や、特別な魔神たちの掛け合いをお楽しみいただけます。


※ボーナス魔神について
「菖端アスタロト」は、ストーリーイベント「闇に眠るは金の秘宝」のボーナス魔神となり、
イベントマップクリア時にパーティーに「菖端アスタロト」がいれば、イベントアイテムを追加で入手することができます。

このイベントアイテムからは、使用することで各種アイテムを入手することができる「箱」を生産することができます。

[菖端アスタロト]
消費AP × ボーナス3個

※パーティーに編成した対象の魔神数に応じて、効果は重複して得られます。
※アシストの場合、効果は適用されません。
※共闘では、パーティーに編成している自身にのみ効果が得られます。

定期イベント「塔技場」の開催!
定期イベント「塔技場」が開催されます!

塔技場は、空高くそびえる塔の中で手ごわい塔魔達と対決し、さらに上の階層を目指していくコンテンツになります。
塔の階層は無限に続き、相手もより強くなっていくため、鍛え上げた魔神達の力試しをすることもできます!
より高みを目指していきましょう!

「最古の塔 刻命の間」の更新
「最古の塔 刻命の間」の更新が行われ、出現する敵が変更された新たな「刻命の間」が追加されます。
また、現在開催中の「刻命の間【2019/4/16〜4/30】」への出撃ができなくなります(ランキングを閲覧することはできます)。


不具合修正等

1柱目 金剛の魔王召喚ミッションの条件を満たしているにも関わらず達成できないことがある不具合の修正
不具合内容に関しまして、詳しくはこちらをご覧ください。

4月25日(木)臨時メンテナンス作業延長へのお詫びの配布


イベント/キャンペーンの終了

大槌育成応援キャンペーンの終了
期間中5000神力以上を一括で購入していただいた最初の一度だけ、「大槌育成応援パックⅡ」がゲーム内メールで送信される
大槌育成応援キャンペーンは2019年4月30日(火)定期メンテナンス開始前までとなります。

大槌育成応援パックⅡ
 ⇒「修練の書:金剛神の水晶」3個、「力の血晶」30個、「魔神の古文書(10000000)」10個、「純真の片影」10個
  が収められた宝箱
 「修練の書:金剛神の水晶」
  「金剛神の水晶」の習得や鍛錬の方法が書かれた書。
  使用することで金剛神の水晶Ⅰの習得や、既に所持している金剛神の水晶の強化をすることができます。
 ・「金剛神の水晶」は自身のSTR、打水光属性攻撃力、クリティカルヒット率が上昇し、
  打属性攻撃アビリティのリキャスト時間が減少するパッシブです。

純真の片影
 「純真の片影」は集めることで稀少なアイテムを生産することができます。
 ・「純真の片影」×5→「紅蓮の結界石」「紺碧の結界石」「翡翠の結界石」
            「金光の結界石」「深淵の結界石」「金剛の結界石」のいずれか
 ・「純真の片影」×35→「イノセントフレーム」

紅月召喚1日1回無料キャンペーンの終了

イベントアイテムの削除
イベントアイテム「黄金の欠片」「黄金の箱」「黄金の大箱」「黄金の超箱」、
 及び生産「黄金の箱」「黄金の大箱」「黄金の超箱」
は2019年4月30日(火)の定期メンテナンス作業時に削除されます。

イベントアイテム「イベント塔魔の古文書」各種は2019年4月30日(火)の定期メンテナンス作業時に削除されます。


4月下旬〜5月上旬のメンテナンス作業とサポート対応に関しまして

4月下旬〜5月上旬のメンテナンス作業とサポート対応に関しまして、詳しくはこちらをご覧ください。


その他、細部の調整、不具合修正を行わせていただきます。

今後ともゴエティアをよろしくお願いいたします。
戻る